講義
組紐の歴史的・文化的背景への理解を深めるために、月1回(原則第3週)講義の週をもうけています。今年度のテーマと講師は、道明三保子(道明古式糸組法教処長) 「組紐の歴史的名品について」です。毎回、組紐の歴史的名品を一点ずつ取り上げ、技術や用途、由緒や所蔵先などを詳しく解説し、今日の組み方の原点への理解を深めます。また教室講師による技術のポイントについて、テーマを決めて取り上げ、技術の向上を目指します。
 

   

 
 


◇特別講習会「お仕覆の緒」
 茶人の美意識は茶入れを包むお仕覆に表れています。お仕覆を構成する
 大切な要素である「緒」を製作します。
 
 日時:2月28日(金) 午前10:30~午後3:30 (お昼休憩1時間)
 場所:神楽坂教室 新宿区神楽坂6-75
 費用:8700円(材料費込み)
 講師:保科まりあ、市来義子、大原尤美
 ※満席の為、お申し込みは締めきりました。