染めについて
糸染は組紐作りの最初の工程です。色糸はすべて道明の職人が一色一色染め上げます。これにより、無数の色を自由に組み合わせて組紐を作ることができるのです。単色の組紐では、その一色の美しさを、いかに明確に、かつ深みを持って表現できるかということが大事です。多色使いの組紐では、それぞれの色が持つ微妙な色相、彩度の違いが、全体の印象に大きく影響しますので、色と色との関係性が重要です。美しく、かつ適切な色に染められるかが、よい組紐作りの第一歩なのです。
道明の糸染で使用している染料は科学染料です。科学染料は天然染料と比較すると耐候性や退色性といった色の堅牢度が高く、さらには色鮮やかで安定した染色を行うことができます。天然染料は当時の糸染を再現すべく、歴史的組紐の復元模造等で用いります。
用途に合わせた染め、天然染料による染めも承ります。