大変お手数おかけいたしますが、お電話またはFAXにてご注文ください。
TEL 03-3831-3773  / FAX 03-3831-7978
FAXによるご注文はこちらより書式をダウンロードください(PDF形式)

 
彩山水・変り厳島組・魚形ペンダント・和色誂え 注文書式 
木賊・女郎花 和色誂え 注文書式 
 
 


 
 
和色誂え 

古来より和の国では、自然の中に美を見出し季節の中で暮らしを豊かに彩ってきました。此の度、その「和」と「色」を大切に守ってきた「道明・ぜん屋・越後屋」の3店舗が着姿の要となる帯締・帯揚・草履の色合いを調えて、この「和色誂え」シリーズを制作致しました。季節の装いを一層引き立てる色揃えを是非お楽しみ下さい。期間は1年間で、全12回のご提案をいたします。
 
其の十二 深紅(こきくれない)
深みのある真っ赤な紅色のことです。古来より紅色は多くの人を魅了した色ですが、紅花がとても高価であったため深紅のような濃い紅色は「禁色」とされていました。深紅という名前は、茜や蘇芳などの混ざり物がない紅花による染め色であることが強調された色名となっています。
 
 帯揚 
きめ細やかでしっかりした量感のある縮緬地に、深紅でぼかし染めをしました。幅広くお使い頂ける帯揚げです。
 
 帯締 
伸縮性が高く締め心地の良さが特徴の冠組で組まれた帯締です。深い紅の帯締は、帯に馴染みやすく、全体の印象もよく締まります。
 
草履 
シンプルさを基本として花緒で少し遊びました。落ち着いた色合いがお着物にもあわせやすくちょっとしたお出かけから楽しくお履き頂けます。
 
三点一組 65,000円(税抜)
 
価格は帯締の長さ、草履のサイズにより変動します。ご注文より約二カ月の製作期間を頂きます。
  


頒布期間 平成29年10月末日まで

冠組 銘 彩山水
紺暈 / 花浅葱暈
 
 頒布価格 一本¥29,000 (通常価格税込¥32,400) 
 
平安時代、武官の冠に使われていたと言われる紐が冠組です。今回の冠組の帯締は二色の大暈しを重ねております。両手先の一方には暈け足の長い暈、もう一方には暈け足の短い暈を配し、深く繊細な染の美しさを表現しております。

変り厳島組
朱 / 海松 
 頒布価格 一本¥23,000 (定価税込¥25,920) 
 
装飾経として有名な平家納経は、平清盛が平家一門の繁栄を祈り、厳島神社に奉納した三十三巻の経巻です。この経巻についている複雑な組織の組紐(厳島組)を応用したものが「変り厳島組」です。薄手の帯締のため、夏の装いにお奨めいたします。
  

魚形ペンダント(正倉院所蔵の宝物より)
水晶 / ソーダライト
 頒布価格 一本¥14,000 (定価税込¥15,120) 
 
魚形は、佩飾の一つとして、小尺、刀子、香袋と一緒に組紐を用いて腰に飾られていました。その優しい曲線は組紐と調和し、吉祥のシンボルとして贈り物にも喜ばれています。本品は正倉院所蔵の魚形を模して作ったものです。
  
頒布期間 平成29年9月末日まで

木賊(とくさ) / 女郎花(おみなえし)
冠組  頒布価格 ¥14,000 (定価税込\15,120)
笹浪組 頒布価格 ¥21,000 (定価税込\17,280)
高麗組 頒布価格 ¥32,000 (定価税込\36,720)
 
冠組と高麗組の無地、笹波組の大暈の
帯締をご案内申し上げます。
柄や色合いに合わせてお使い分けくださいませ。
長尺のご用意も致しております。