組紐教室「道明古式糸組法教処」のご案内
 
道明の組紐教室(道明古式糸組法教処)は、日本独特の伝統工芸「組紐」の伝承と発展を願って有職組紐「道明」が設立し、50年の歴史を重ねてまいりました。
組紐に魅せられて40年以上も通い続ける方もいらっしゃいます。
組紐への道はどなたでも入りやすく、やがて組紐のもつ奥の深さに気づかれていくことでしょう。
 
 
 
 

教室からのお知らせ 2021.11 .5  

道明 11月の講義YouTube配信

 
11月の講義をYouTubeで配信いたします。
ぜひご覧ください。
 
テーマ:「第48回道明展を振り返って/法隆寺献納宝物-玉帯について-
講師:道明三保子(教処長)
配信期間:11月15日(月)~11月30日(火)
 
→ 11月の講義 YouTubeはこちら

 


 
道明組紐教室公式Instagram

 
道明組紐教室の公式Instagramを開設いたしました。
日々の組紐教室の様子をお伝えしております。
ぜひご覧ください。
 
→ 道明組紐教室 Instagramはこちら
 


 
 道明 公式YouTubeチャンネル
 
YouTubeに道明の公式チャンネルを開設いたしました。
教室の補助教材として基礎のおさらいを中心にご紹介しております。
道明に纏わる動画も期間限定でアップしてまいりますので、ぜひご覧ください。
 
→YouTube 道明はこちら 

  糸の販売

  
組紐にお使いいただける絹糸を販売しております。
▷ 一般の方はこちら
▷ 教室生徒はこちら

 

 
 
  生徒募集

 
生徒募集
≪NEW≫上野教室水曜日午前クラスの生徒を募集しています
◆水曜日クラス 10:30〜12:30 2022年1月開講予定
○  月謝   10,000円(材料の糸代は別途)
○  入会金  8,000円
〇 定員   7名様
 
場所道明組紐上野教室
住所:東京都台東区上野2-12-18池之端ヒロハイツ304
TEL03-3837-1499 
メールschool@kdomyo.com
お申込み・お問合せはお電話またはメールでお願いいたします。 
 
 


 
外部教室のご案内
 
各教室の入会は随時可能です。
→詳細はこちら 
 
 
 
 
 

道明の組紐教室の特徴

 
1.法隆寺、正倉院、神護寺、厳島神社、中尊寺などが所蔵する組紐の歴史的名品の組み方をいかした作品を作ります。 
2.染め色の美しさと鮮麗な配色により色彩感覚を磨きます。
3.繊細な絹の感触を心ゆくまで楽しみます。
4.帯締製作を主に、ネックレス、ペンダント、ネクタイなど現代生活にふさわしいものを作ります。  


 
カリキュラム 
 
まずは、すべての組み方の基礎で、最もやさしい組み方であり最もむずかしい組み方といわれる四つ組からはじめます。角台コース(四つ組、角八つ組、丸八つ組など)、丸台コース(奈良組、丸源氏組、御岳組、笹浪組、唐組など)、高台コース(安田組、高麗組、地内記組、亀甲組など)を経て、研究科へと進み、さらに複雑な組み方や名品の復元などを学びます。組み方の多くは道明の帯締製品と同じものです。いすに座って組みます。
→詳細はこちら
 
 


 
講義 
 
組紐の歴史的・文化的背景への理解を深めるために、月1回(原則第3週)講義の週をもうけています。教室生でない方も受講可能です(有料)。
→詳細はこちら
 
 


 
講師から 
 
器用・不器用は最初の一日だけ、あとは心をこめて組み続ければどなたでも上達していきます。またお家で一日一時間でもお組みになる方は格段に上達が早いといえます。組むのは、何本もの絹糸をつけた玉を動かしますので、目の細かい作業ではなく、おおらかに組むことが大切です。最初は組み方図を見ながらゆっくりと組んでいきますが、やがて組み方図を見なくても組めるようになります。組紐の講師、技術者への道もございます。


地図
 
道明古式糸組法教処 上野教室
台東区上野2丁目12-18 池之端ヒロハイツ304・305
TEL: 03-3837-1499
メール:school@kdomyo.com
 

 
 
道明古式糸組法教処 神楽坂教室
新宿区神楽坂6丁目75